ネパールの旅行会社トレッキング|ヒマラヤ登山|ウォールクライミング|リバーラフティング|サファリ|観光|リゾート|チベット|アドベンチャー
アウトドア旅行手配の【HSA】 ホームページ「ヒマラヤン・シェルパ・アドベンチャー」 since Jan.1997
ネパール

個人トレッキング


 (サイト概要)

トレッキングコースの特徴見所


見積り(無料)
お申し込み
出発準備
保険
ご到着から帰国まで
宿泊ホテル
高山病
質問カウンター

H.S.A.のご紹介 

H.S.A. サイトマップ

リンク 


世界最高所4200m

HSAのリゾートホテルです
 コンデ・リゾート
コンデ・トレック

コンデ・トレック・レポート
コンデ カタログ
You Tube Link

待ち合わせ場所
 行先が同じ人と合流して
安く上げるマッチングサービス

 


当ホームページのサイト内検索
(Google や Yahoo で検索します)

検索語 site:himalayanist.com/
をコピーして、
「検索語」の所に
探したい言葉を入れて下さい。



ヒマラヤン・シェルパ基金

弊社社長が代表を務めるNPO
エベレスト街道のクーンブ地方の地域発展に貢献しております



【HSA】 HIMALAYAN SHERPA ADVENTURE (P.)LTD.
POST.BOX.NO.23283, CHABAHIL-7,KATHMANDU,NEPAL.
Phone: 977-1-4480064
FAX4480806



What's New 2017

1/08 宿泊ホテル 更新
1/09 
サファリ 更新

カトマンズ観光 更新
(エベレスト方面、ヘリでの遊覧飛行サービスを始めました)


最新トピック 2016 



◆今秋10〜11月に、ゴサイクンドのスリヤ・ピークに行かれた方のレポートです。(11.26)
http://vibram.world.coocan.jp/kaigai/gosaikundo.pdf

ご参考までに、以下は、同じ方の過去のレポートです。

2010年のクスムカングルhttp://vibram.world.coocan.jp/kaigai/kusumu.htm

2013年のストックカンリ
http://vibram.world.coocan.jp/kaigai/stock.pdf

ガッシャー2
http://vibram.world.coocan.jp/2008g2.htm


◆震災後、ドイツでは、各メディアにより一斉にネパール支援の一大キャンペーンが繰り広げられ、多くの経済的・人的援助がなされるとともに、ネパール観光に出かけてネパール経済を立て直そうとかなりの宣伝をしていただきました。
おかげさまで、本社のほうはドイツから多くのトレッキングのお客様を呼び込み、本年も盛況ということです。あいにく、日本のほうはさっぱりですが・・。リピータの方々になんとか支えて頂いております。(2016.09.13 記)


◆H.S.A.本社がヒマラヤン・シェルパ基金のサイトを立ち上げました。
その設立趣旨・動機・活動内容などを報告しています。
ヒマラヤン・シェルパ基金は、弊社の収益金のうち5%と、様々な国の様々な分野の方々の援助を資金源として活動するNPOです。
Donors のページでは、震災後に義援金を送って頂いた皆様のお名前を記載しております。 
2015年8月にはパクディンにヒマラヤン・シェルパ・クリニックを設立しました。
パクディン地域はエベレスト街道でも比較的人口の多いところでありますが、これまで病院がなく、ルクラかクムジュンまで徒歩で3時間ほどかけて行かなければなりませんでした。震災時、被災後すぐに処置をしていれば助かったであろう多くの命が失われたことに鑑み、多くの方々の支援を得て設立にこぎつけました。
その他、学校・寺院・橋・発電所や地域住民への支援活動の報告があります。
ネパール政府のほうからも支援金が出ているはずなのですが、その成果がとんと見えません。特にエベレスト方面からは多くの観光収入を得ているのに、支援の「し」もない状態です。
一方、ヒマラヤン・シェルパ基金による支援活動は着実になされております。
このサイトは、これからもこの活動が進むのにあわせて順次更新をしていくそうです。
(2016.09.13 記)





 過去の「最新トピック」はこちら→ topic archive


お問い合わせ/HSA.JAPAN/日本語担当課

P.L.Sherpa(ルクラ付近の出身)

森崎隆
(一般旅行業取扱主任者資格、
ネパール観光局認定「ネパール観光大使」)

民間外交大使
PRR: Public Relations Representative of Nepal Tourism Board

TEL:0268-67-0321 
お電話のベストタイムは、10:00〜15:00
または、8:00〜18:00 の間にお願い致します。

(FAX は現在使用しておりません)

〒389-0406 長野県東御市八重原185-7
(
HSAのカトマンズの連絡先はこのページ上部にあります。)

 メール

メールのタイトルは、「ネパール、トレッキング、登山」に関するものにして下さい。「お久しぶりです」「こんにちは」等のタイトルのメールは、読まずに削除する可能性があります。




各ページの一番上にあるこのバナーを
クリックすればこのページに戻れます。



ネパール情報市場




























Date: 28.04.2015

 

Himalayan Sherpa Foundation

 

Appeal

 

The Himalayan Kingdom of Nepal faced a devastating earthquake of 7.9 magnitude on April 25th 2015 that resulted in a death toll of over 6500 people and at least 15,000 injured with countless displaced of their homes so far. The massive earthquake has inflicted the nation with people still missing in several thousands and the number of deaths expected to rise as many are still buried beneath the rubbles of destroyed settlements. The schools, monasteries, temples, roads, bridges and government official offices have all been ruined by this devastating hit. The ever-increasing scare of a possible health hazard is also taking the entire nation to a chaos.

 

Due to the earthquake, the avalanche washed out the Everest base camp killing 20 Nepalese and foreign climbers and injuring more than 200 climbers. We have been busy with bringing back all the injured climbers first as their safety has been the priority prior to bringing down the dead bodies. It has been very unfortunate at the base camp since we had already lost many climbers from last year’s avalanche.

  

At the moment, the nation needs its every "living" individual to rebuild the stature and existence of Nepal. Realizing this need, the Himalayan Sherpa Foundation has launched an "Earthquake Relief Action Project" to address the needs of Mt. Everest region in Solu Khumbu and some other major zones affected by the earthquake.

 

With the support of our respected clients, Himalayan Sherpa Adventure has been actively participating in providing education to the poor and orphan students, helping in building infrastructure of schools and monasteries from more than a decade through Himalayan Sherpa Foundation. This organization plans to take all the actions necessary for this project along with the coordination of co-partners Farak Sherpa Kiduk and Mahendra Jyoti Ex-Student Forum for each of its activities as these organizations have big number of members in the affected area who will devote time to take care of the projects.

 

A preliminary survey team has already left for site visits to observe, collect data and establish liaison with local clubs and forums. Based on support of our co-partners Farak Sherpa Kiduk (Association of Sherpa people beneath the foothill of Mt. Everest) and Ex-Student Forum of Mahendra Jyoti Higher Secondary School (the only higher secondary school in the Everest region), we have focused the project on distributing immediate relief materials with three thematic areas via shelter, food and medical supplies. The foundation will evaluate its resources and potential opportunities to decide on rehabilitation and reconstruction of the houses, schools and monasteries in the village after inspecting the report prepared by our members who are on the ground at the moment. Himalayan Sherpa Adventure has decided to donate NPR 1 million to the Himalayan Sherpa Foundation Fund to start this project ahead.

 

Asia Foundation and several of our friends and individuals have already joined us in this endeavor. Our team members and volunteers as well are all on the ground at this moment as inspection of the area has already started. With this assurance, I welcome all those who wish to join this effort. We will send you a clear picture of the ground situation and bring you the entire project that we will be undertaking in details so that you can select any part of the project or donate the amount so that we can use the donation for the proposed projects.

 

“We will give you the account details along with the project report once we have all the details on our hand in the upcoming week.”

 

We appreciate you for your strong and kind hand in bringing the life of all survivors back to normal in these times of difficulty by rebuilding the infrastructures such as houses, schools and monasteries. We also ask your hand to raise the poor and orphan children to go to schools so that they can lead their life in better condition ahead.

 

Phurba Gyaltsen Sherpa

President

Himalayan Sherpa Foundation