ネパールの旅行会社トレッキング|ヒマラヤ登山|ウォールクライミング|リバーラフティング|サファリ|観光|リゾート|チベット|アドベンチャー
アウトドア旅行手配の【HSA】 ホームページ「ヒマラヤン・シェルパ・アドベンチャー」 since Jan.1997
ネパール

個人トレッキング


 (サイト概要)

世界最高所4200m

HSAが経営するホテルです
 コンデ・ホテル
コンデ・トレック

コンデ・トレック・レポート
コンデ カタログ
You Tube Link

トレッキングコースの特徴見所


見積り(無料)
お申し込み
出発準備
保険
ご到着から帰国まで
宿泊ホテル
高山病
質問カウンター

H.S.A.のご紹介 

H.S.A. サイトマップ

リンク 



待ち合わせ場所
 行先が同じ人と合流して
安く上げるマッチングサービス

 


当ホームページのサイト内検索
(Google や Yahoo で検索します)

検索語 site:himalayanist.com/
をコピーして、
「検索語」の所に
探したい言葉を入れて下さい。



ヒマラヤン・シェルパ基金

弊社社長が代表を務めるNPO
エベレスト街道のクーンブ地方の地域発展に貢献しております。

2015.04.25のネパール大地震の際の義援金提供者様のご芳名一覧あり。



【HSA】 HIMALAYAN SHERPA ADVENTURE (P.)LTD.
POST.BOX.NO.23283, CHABAHIL-7,KATHMANDU,NEPAL.
Phone: 977-1-4480064
FAX4480806



What's New 2022

9月より営業再開しました。お申し込み受付中です。

9/16  コンデ・トレック:2022年の料金に改定しました。
この料金は9月のものです。
下記のように10/1よりルクラ間の交通費が変わります。
10月1日以降の料金をご希望のご希望の方はコースと人数をお知らせ下さい。
最新トピック 2022

◆2022.9.20
弊社は、パクディンにおいて病院を建設しました。
病院の名前はHimalayan Sherpa Hospitalです。
場所は、パクディンで弊社が経営するシェルパ・シャングリラ・リゾートのすぐ隣です。
正式な落成式は、ネパール大統領列席のもと2022年11月4日に挙行されます。
地元住民のための治療は10月1日から始めます。いずれトレッカーの皆様にもご利用いただけるでしょう。
パサン・シェルパ病院長のほか、複数の看護師、助手、臨床検査技師、事務室長、会計係、守衛、コックと食堂スタッフが常勤します。
そばにはヘリポートがあり、ヘリも所有しておりますので、カトマンズの設備の整った病院への搬送も容易です。


◆2022.9.17 
10月1日より、カトマンズ=ルクラ国内便のダイレクトフライトはなくなります。
 カトマンズ=ラメチャップ間は地上交通(所要4時間)
 ラメチャップ=ルクラ間はフライト
よってカトマンズ=ルクラの料金も変わり、大幅値上げとなります。(地上交通の料金は人数により変わります)

この措置の理由:
このところカトマンズの空港は利用便数が格段に増加して手狭になっております。
従来、ルクラ便は1機が5〜6往復していたのが、1〜2往復しかできない現状です。しかも待ち時間が1〜2時間となっております。
そこでやむなく、カトマンズからラメチャップ(ジリの南方)まで車、ラメチャップからルクラへはフライトということになり、帰りも同様にラメチャップ経由となります。


◆2022.9.16 
この夏頃から秋のシーズンとそれ以降の注文が数組入り出しました。コロナ終息とみてのことでしょうか。
現在、ネパール入国時には2回の予防接種済証明書の掲示が必要になります。
ネパール人は現在マスクをせず、消毒薬の利用もなく、日常生活を営んでいるとのことです。


◆2022.1.12
昨年のシーズン中はネパールトレッキングのお客さんとして欧米からはあったようですが、日本からは極少であったということです。
コロナは秋には落ち着いてきたので、今年の春はいよいよと思っていた矢先、このところ急激に感染者が増えてきて絶望的になってきましたね。
昨年、長野県内も登山者が激減だったのではないでしょうか。
私がちょくちょく行く近くの蓼科山では、昨年の3,4月はほとんど登山者はいなかったです。夏には小屋は営業してましたが、11月の登山者は激減でした。
長引けば、影響は観光業に留まりませんね。


◆2020/9/3
「地球の歩き方/ネパール/2021〜22年版」
が8月に発売されました。
コンデ・ホテル情報が掲載されています。


詳細は画像をクリック


 過去の「最新トピック」はこちら→ topic archive


お問い合わせ/HSA.JAPAN/日本語担当課

P.L.Sherpa(ルクラ付近の出身)

森崎隆
(一般旅行業取扱主任者資格)

「元・ネパール観光大使」(ネパール観光局認定)

民間外交大使
PRR: Public Relations Representative of Nepal Tourism Board

TEL:0268-67-0321 

〒389-0406 長野県東御市八重原185-7
(
HSAのカトマンズの連絡先はこのページ上部にあります。)

 メール




各ページの一番上にあるこのバナーを
クリックすればこのページに戻れます。


へのリンク★「地球の歩き方
ネパールとヒマラヤトレッキング
2021〜22年版」より

表紙




P.16-17




P.270-271



その他、この2021〜22年版では美しい画像がたくさん掲載され、本文も改訂されています。
ぜひ手に取ってご覧ください。



ネパール情報市場


































Date: 28.04.2015

 

Himalayan Sherpa Foundation

 

Appeal

 

The Himalayan Kingdom of Nepal faced a devastating earthquake of 7.9 magnitude on April 25th 2015 that resulted in a death toll of over 6500 people and at least 15,000 injured with countless displaced of their homes so far. The massive earthquake has inflicted the nation with people still missing in several thousands and the number of deaths expected to rise as many are still buried beneath the rubbles of destroyed settlements. The schools, monasteries, temples, roads, bridges and government official offices have all been ruined by this devastating hit. The ever-increasing scare of a possible health hazard is also taking the entire nation to a chaos.

 

Due to the earthquake, the avalanche washed out the Everest base camp killing 20 Nepalese and foreign climbers and injuring more than 200 climbers. We have been busy with bringing back all the injured climbers first as their safety has been the priority prior to bringing down the dead bodies. It has been very unfortunate at the base camp since we had already lost many climbers from last year’s avalanche.

  

At the moment, the nation needs its every "living" individual to rebuild the stature and existence of Nepal. Realizing this need, the Himalayan Sherpa Foundation has launched an "Earthquake Relief Action Project" to address the needs of Mt. Everest region in Solu Khumbu and some other major zones affected by the earthquake.

 

With the support of our respected clients, Himalayan Sherpa Adventure has been actively participating in providing education to the poor and orphan students, helping in building infrastructure of schools and monasteries from more than a decade through Himalayan Sherpa Foundation. This organization plans to take all the actions necessary for this project along with the coordination of co-partners Farak Sherpa Kiduk and Mahendra Jyoti Ex-Student Forum for each of its activities as these organizations have big number of members in the affected area who will devote time to take care of the projects.

 

A preliminary survey team has already left for site visits to observe, collect data and establish liaison with local clubs and forums. Based on support of our co-partners Farak Sherpa Kiduk (Association of Sherpa people beneath the foothill of Mt. Everest) and Ex-Student Forum of Mahendra Jyoti Higher Secondary School (the only higher secondary school in the Everest region), we have focused the project on distributing immediate relief materials with three thematic areas via shelter, food and medical supplies. The foundation will evaluate its resources and potential opportunities to decide on rehabilitation and reconstruction of the houses, schools and monasteries in the village after inspecting the report prepared by our members who are on the ground at the moment. Himalayan Sherpa Adventure has decided to donate NPR 1 million to the Himalayan Sherpa Foundation Fund to start this project ahead.

 

Asia Foundation and several of our friends and individuals have already joined us in this endeavor. Our team members and volunteers as well are all on the ground at this moment as inspection of the area has already started. With this assurance, I welcome all those who wish to join this effort. We will send you a clear picture of the ground situation and bring you the entire project that we will be undertaking in details so that you can select any part of the project or donate the amount so that we can use the donation for the proposed projects.

 

“We will give you the account details along with the project report once we have all the details on our hand in the upcoming week.”

 

We appreciate you for your strong and kind hand in bringing the life of all survivors back to normal in these times of difficulty by rebuilding the infrastructures such as houses, schools and monasteries. We also ask your hand to raise the poor and orphan children to go to schools so that they can lead their life in better condition ahead.

 

Phurba Gyaltsen Sherpa

President

Himalayan Sherpa Foundation